TOP MESSAGE

既成概念にとらわれない、と口でいうのは簡単です。たとえば働き方を改革したいという声をよく耳にしますが、大半の試みは「改革」というより表層的な「改善」のように感じます。

JEEMはオフィスレスやスーパーフレックス制度を採用していることで、多くの人から「どうすればできるのか?」と質問されます。答えはシンプルです。「本質をつきつめれば、おのずと既成のものを改革できる」というのがわたしの見解です。本質とは、働く人の意識です。主体性をもつ。当事者意識をもつ。それができている人であれば、会社が出社時間や退社時間を決める必要はありません。朝礼・終礼・定例会議を開き、各々のモチベーション管理に努める必要もない。つまり、組織の強制力などというものはまったく不要になるのです。いわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)のようなものに頼るのではなく、まずは一人ひとりの意識を信じることだと思います。言い換えると、主体性や当事者意識がなければ仕事はできない、という前提をつくるのです。いわゆる既成の組織は、自分の人生を他人に委ねられる環境、他人に甘えられる環境です。そうではない環境をつくり、自身の力で“責任ある自由”を勝ちとりたい人と、チームとして仕事をする。それを実現しているのがJEEMです。

わたしたちが営業集団だから実現できる仕組みなのでしょうか?いいえ、そうではないはずです。どんな業種業界であっても「給料をもらって働く人」と「働いて給料をもらう人」がいます。後者を募り、育て、しっかりと報いる制度を用意すれば、どんな業種でも実現できる。そして、そんな環境に身を置いてこそ人は真に成長できるし、業種や業界の垣根を超えて真に市場価値の高い人間になれる。わたしはそう信じています。

十人十色の行動計画があって、報酬目標があって、ワークライフバランスがあっていい。組織はそれを認めるべきです。そうした自由と責任がセットになった働き方を容認することが、いま求められている「改革」であるとJEEMは確信しています。